脱毛酵素の抑制は大事だけど5αリダクターゼは真の悪者ではない

5アルファリダクターゼ(5α還元酵素)は
テストステロンをDHTに変換する有名な酵素です。

男性型脱毛症と深く関係しているということで
時に脱毛酵素と呼ばれることもあります。

しかし、それはちょっと言い過ぎと言うか
ちょっと適当な解釈になると思います。

どういうことかというと、
5αリダクターゼという存在自体が1から10まで
悪いものかというとそうではないってことです。

5αリダクターゼはI型とII型があります。

II型は前頭部や前立腺など
限られた部分にしか存在しませんが
I型は全身のあらゆる細胞に存在してます。

それは何のためにあるのかというと、
男性ホルモンの効果をより引き上げるためです。

DHTはテストステロンより10倍以上も
男性ホルモン受容体と結合しやすい性質があります。
つまり効果を発現しやすいってことです。

テストステロンは骨や筋肉・精子の生成・性欲の上昇など
体のいろんなことに関係する重要なホルモンです。

つまり5αリダクターゼはその作用を補助する役目があるのです。

体の中に不必要な物質や器官はないんですね。

II型酵素も実際、性器付近に多く存在していることから
外陰部の形成をはじめいろんな役割を与えられた
重要な酵素だと考えるのがふつうなんですね。

ということで本当に悪いのは5αリダクターゼではなく、
前頭部と頭頂部の毛乳頭細胞にある何かしらの脱毛メカニズム、
そして遺伝子の悪い特徴ってことになると思います。

遺伝子によって5αリダクターゼの分泌量や
男性ホルモンの感受性が変化するためです。

ちなみにII型酵素の方がより強力なDHTを生み出し
より男性型脱毛症を促進させるといわれる一方で、

II型酵素のDHTしか男性型脱毛症を発現させない
といわれることもあります。

この辺はまだはっきりわからない部分があるので
なんともいえないところですが、
I型も抑制するとリスクが高いのでは?と
個人的には思います。

デュタステリドという薬は1型2型両方の
5アルファリダクターゼを阻害する効能がありますが
フィナステリドより性欲減退などの副作用が
強く出るといわれているからです。

ということでAGA対策は基本的に
フィナステリドにしておいたほうが無難だと思いますね。

コメントの入力は終了しました。