男性型脱毛症の原因の基本はジヒドロテストステロンが増えるため

どんな悩みの解決もまずは原因を探ること、
確認することからはじまります。

ということでまずは男性型脱毛症の
原因についておさらいしていおこうと思います。

まずその名の通り、その脱毛症は
男性ホルモンが原因で起こるものです。

男性ホルモンといっても色々種類があり
一般的にテストステロンを指す事が多いです。

でも真の原因はテストステロンではなく
ジヒドロテストステロンっていう
長ったらしく噛みそうな名前の男性ホルモンです。

略すとDHTと短いので
そっちのほうで呼ばれることが多いです。

で、それは何者かというと、
テストステロンが細胞内にある酵素の働きで
より強力な形に変化したものです。

細胞と言うのは髪の根っこのへこんだ部分にある
毛乳頭細胞のことでそこから髪の毛になる
毛母細胞に栄養や酸素を送り込んでいます。

そして酵素というのは5α(アルファ)-リダクターゼという
これまた噛みそうな名前の還元酵素のことです。

DHTが細胞内にある男性ホルモンレセプターという
くぼみ(受容体)にはまると、遺伝子からTGF-βという
脱毛を促すタンパク質を出してしまいます。

それで毛母細胞の活動が弱まってしまい
本来育つべき長さまで成長できなくなってしまいます。

これが男性型脱毛症のメカニズム(作用機序)です。

他にもフケとか炎症とか物理的な衝撃とか
甲状腺の異常とか脱毛症の原因はいろいろありますが
男性ホルモンが関係しているのは男性型脱毛症のみです。

割とスパッと説明したつもりですが
メカニズムはけっこう深いのでちょっと長くなってしまいました。

でもまだ話は終わっていません。

次回はもう少し深いところの話に入っていきます。

⇒DHTの多さだけで薄毛になるかは決まらない話