男性型脱毛症の予防法はプロペシアだけでなく生活習慣も大事な説

男性型脱毛症とは男性ホルモンのDHTが悪さをして
毛母細胞の活動が停止して次第に髪がなくなる脱毛症である、
というのは様々な研究から明らかになっています。

プロペシアはDHTを減らす事ができるので
男性型脱毛症唯一の対策法といわれることもあります。

つまり男性型脱毛症とは男性ホルモンにより起こるもの、
と広く認知されています。

ところがどっこい、もっと深くAGAを細かく紐解くと
必ずしも男性ホルモンだけが原因とはいえないかもしれないんです。

男性型脱毛症になりやすいかは遺伝子を調べ
CAGリピートと言う特定の塩基の繰り返し数をかぞえることで判明します。

CAGリピート数が少ないほど男性ホルモンの感受性が強く
若いうちから男性型脱毛症にかかる可能性が高くなります。

しかし、CAGリピート数が大きい人でも
男性型脱毛症を発症している人もたくさんいるんです。

ということはですよ。
必ずしも薄毛の原因は男性ホルモンだけではない
ってことをそれは示しているのではないでしょうか。

そもそもDHTが毛母細胞に直接悪さをするわけではなく
DHTにより生まれたTGF-βやFGF5という
タンパク質が悪さをするとわかっています。

つまりDHTは男性型脱毛症原因の一つである、といえます。

このことから男性型脱毛症は男性ホルモンによる脱毛症ではなく、
前頭部と頭頂部の髪がなんらかの原因により時間をかけて
ヘアサイクルが狂ってしまう脱毛症と表現したほうが
適切だと個人的には感じます。

もしそれが正しいとしたら近年薄毛に悩む人が
増えているという話にも納得です。

現代人は不規則な生活を強要される世界に生きており
本当はワークライフバランスを重視したいけど
お金がないと生きていけないってことで
健康に悪い生活習慣を送らざる得なくなっています。

詳しいメカニズムは不明ですが
寝不足・酒の飲みすぎ・タバコの吸いすぎ・運動不足
偏食・食べすぎ・人間関係などで生じるストレスも関係して
TGF-βやFGF5の量が増えてしまい、
男性型脱毛症を発症する人が増えているのではないか、

とも考えられなくもないです。

それなら女子男性型脱毛症が多いのも説明がつきます。

あくまで個人的な想像の域の話ですが、
けっこう前から食の欧米化などが問題視され
生活習慣病を患う人が増えてるといわれてますよね。

体が不健康だと真っ先に影響を受けるのが髪なので
生活習慣も男性型脱毛症に深く関係していると
個人的には強く感じます。

ということでAGAの予防法はプロペシアだけと思わず
私生活も大事にしていくことをオススメします。