DHTの量が多いからといって男性型脱毛症になるわけではない

男性型脱毛症は男性ホルモンのDHT・ジヒドロテストステロンが
原因であることはとても有名ですよね。

今ではネットで腐るほどその情報が載ってるので
薄げじゃなくても知ってる人はたくさんいると思います。

でもかなり勘違いしやすいと思われる点は
DHTの量が多いからといって男性型脱毛症になる、
もしくはなりやすいというわけではないってことです。

なぜかというとAGAのメカニズムを
もう少し深く突っ込めばわかります。

実はDHTの影響を受けやすい人と受けにくい人に分かれます。

つまりそれは遺伝で決まってるってことです。

よく薄毛と遺伝について議論されることがありますが
実際遺伝が関係していることは確かです。

もし遺伝が関係しないのであれば
ハゲ具合にあまり差はでないはずです。

あとちなみにDHTは体毛を成長させる作用もあるので
そのおかげで陰毛や脇毛・髭などが太くなります。

体毛が濃いということはDHT(男性ホルモン)が
多いということですがそういう方が全員
髪が薄いかといったらそうではないですよね。

あと5αリダクターゼ(DHTを生み出す酵素)が
遺伝的にあまり分泌されない人もいるので
そういう方は年をとってもフサフサだったりします。

遺伝を変えることはできませんが
プロペシアなどを飲めば5αリダクターゼの働きを
抑制することはできるので対抗することは可能です。

でもプロペシアも効きやすい人と
効きにくい人がいるのでそれまたやっかいなところ。

プロペシアが効きにくい人の特徴