冷え性は薄毛の大敵!体をひやす行動は重病リスクも増す!

冷え性というか体を冷やす行動を
普段からやっている方は要注意です。

なぜなら薄毛のリスクを上げるからです。

体温が下がるということは
血流が悪くなることをいいます。

だから冷え性の人は手足の末端が
よく冷たくなってしまいます。

冷え性=薄毛が確定ってわけじゃないですが
体が冷えるのは健康的によくないのは明らかです。

冷えは細胞の働きを弱めてしまい
新陳代謝(生まれ変わり)が鈍くなり
体全体の調子が悪くなってしまいます。

暑いからといって体を冷やす行動を
よくとっていないでしょうか?

たとえばアイスや氷をばくばく食べたり、
冷やし中華やそうめんなど主食が冷たいものに偏ったり
野菜も生の状態で食べることが多かったり、

運動不足、入浴はシャワーだけで済ます、
クーラーの設定温度を無駄に下げすぎる、
仕事場の冷房がきつすぎる、などなど

普段から体を冷やす行動をとっていると
体温は下がってしまいます。

ちなみに35度という体温は
ガン細胞が最も増殖しやすい温度だそうです。

他にもメカニズムはよくわかりませんが
脳梗塞のリスクも上がるそうです。

ということで冷えは髪だけに留まらず
健康の大敵ともいえるものなのです。

逆に体温を上げる行動が習慣化されてると
体温が高めに維持されるようになり
免疫力向上にも繋がります。

運動は筋肉量もアップさせるので
熱エネルギーが増加し体温が高くなります。

運動がオススメされるのはそういう理由もあるんですね。

これは個人的な説ですが体の冷えにより
何らかの脱毛因子(TGF-βやFGF5など)が増えたり
毛包が小さくなるかもしれません。

血流の悪化は髪の毛の栄養不足を意味します。

ということで冷えも男性型脱毛症と大いに関係すると思います。