体の病気が原因で薄毛になることもある|甲状腺の異常など

薄毛といったら男性型脱毛症だ、
AGAだ、とか言われることが多いです。

たしかに男性型脱毛症のケースが世界的に見ても大半なので
そういってもほぼ間違いじゃありません。

でも必ずしもDHT(悪玉男性ホルモン)ばかりが
薄毛の原因じゃないんですね。

例えば有名なのが甲状腺障害、
抗がん剤の副作用による激しい脱毛ですね。

髪の毛は甲状腺ホルモンとも関係が深く
その分泌が減ると抜け毛が発生します。

また、甲状腺ホルモンの分泌が多すぎても
ヘアサイクルが早送り状態になって
結局抜け毛が増えるとも聞いたことがあります。

あと糖尿病や肝硬変などの内臓疾患、
ひどい貧血、膠原病、梅毒などの
全身に関わる病気は全て脱毛症に繋がる恐れがあります。

個々の病気と禿げがどう関係しているのか、
細かいメカニズムはよくわかってないことが多いですが
全身に関わる病気はそれほど負担が大きいですよね。

体は生命を維持することに全力を注ぐように出来てるので
命とかかわりがない髪の毛は最も後回しにされます。

おそらく基本はそういうことなんじゃないかと思います。

病気とは内蔵の異常といえます。
内蔵は平たくいえば血液の健康を維持する器官であり、
髪の毛は血液が健康でなければ育てません。

個人的な予想ですがミノキシジルやフィナステリドは
育毛に効果的なのは確かなのですが
長期的な服用は内蔵に負担をかけることになり
長い目で見ると髪によくないのではないか、

と思うところもあります。

早く研究が進んでその辺の心配事をかき消すような
すばらしい薬や技術ができればいいのですが。