女性の男性型脱毛症は最も多い薄毛症例だがハッキリした原因は不明

薄毛といったら男性とイメージする人はまだ多いかもしれませんが、
女性の薄毛も最近は当たり前になりつつありますね。

さすがに男性ほど多くないですが
若い人でも薄くなる人はかなり増えてるそうです。

昔から実はたくさんいたけど単に報じられてないから
知らなかっただけという可能性もありますが、
とりあえず悩んでいる方が多いのは確かです。

ではなんで薄毛になりにくいとされる女性でも
最近は増えてきてるのでしょうか。

それはおそらく生活習慣の乱れだと思います。

生活習慣が乱れるということは
体本来のリズムが崩れるということ、
つまりホルモンバランスの崩れを意味します。

ホルモンバランスの崩れとは女性で言うと
女性ホルモンの分泌が減るってことです。

女性ホルモンにはエストロゲンという有名なホルモンがあります。

その全ての働きは解明されてないですが
髪を抜けにくくしたり髪に育てなどの
命令を出す働きがあるようです。

女性は男性より女性ホルモンを多くもってるので
男性より薄毛になりにくいってわけです。

でも女性にも男性ホルモンはわずかながら分泌されてます。

そのため脇毛や陰毛が生えるんですね。

ホルモンバランスが崩れると女性ホルモンが減り
男性ホルモンが相対的に増えることにより
薄毛になるのでは?という説が今のところ有力です。

でも男性と違ってm字やおでこの生え際から
後退する方は極めて稀かおらず、
ほぼ確実に頭頂部から少しずつ薄くなります。

しかもつるっつるになる方も稀です。

なぜそうなるのかは今のところ分かりません。

女性の場合、5αリダクターゼi型ばかりで
ii型はない、もしくは働いていないのか、

はたまた女性にしかない特有の遺伝情報が隠れているのか、

女性の薄毛は男性よりミステリアスです。

女性はプロペシアを飲んでも効き目がないので
酵素が何か鍵になってるような気がします。

あともしかしたら男性ホルモン以外にも
薄毛命令を出すTGF-β1を増やしてしまう原因があるのかもしれません。

例えば冒頭でもいった生活習慣の乱れ、
乱れた食生活などですね。(あくまで個人的な意見・予想です)