ミノキシジルの奇形児リスクは?妊婦や授乳婦は念のため控える

プロペシアに続いて男性型脱毛症の対策で
最も有効と判定されたミノキシジル。

それも育毛薬として認定する国々が増え続けており
お世話になっている人はとても多いでしょう。

フィナステリド(プロペシアの有効成分)は
5αリダクターゼの抑制をするのに対し
ミノキシジルは髪の細胞機能を活発にするので
同時に用いることが最も有効とされてます。

それはまあいいとして、今回はあまり知られていない
ミノキシジルのリスクについて考えます。

ミノキは心臓に負担をかけるとか
心拍数が上がるなどの副作用が有名ですが
奇形児のリスクも少なからず存在するといわれてます。

医薬品には胎児危険度分類という
個々の薬剤がどの程度胎児に影響を与えるかを表した指標があります。

一番危険度が高いのがXで次にA、それからB、C、Dとなっていきます。

フィナステリドは女性が飲んではいけないと言われるのは
ただ効かないだけではなく危険度がXだからです。

男性ホルモンのジヒドロテストステロンは
男性器(陰茎)を形作るという役割があるので
それを早くから阻害すると崔奇形の可能性がある、
と言われています。

ミノキシジルはどのようなメカニズムで
胎児や乳児に影響を与えるのかよくわかりませんが
とりあえず小さな子供への安全性が確認されていないので
妊婦や授乳婦が使うのはオススメされていません。

ミノキシジルの胎児危険度分類はCと低めですが
低いからといって油断してはいけないと思うので
注意する必要があると思います。

ちなみにミノキは母乳に移行することがわかってるので
女性用の育毛剤は濃度が低いからといっても
念のため使わないほうがいいでしょう。

産後は抜け毛が増える可能性が高いですが
母乳でお子さんを育てている方は特に注意しましょう。

産後脱毛症はホルモンバランスの一時的な乱れによるものなので
基本的には何もしなくてもOKです。