お酒を飲むと必ず禿げるわけではない|慢性的な大酒に問題がある

酒を飲むと禿げるって話を
1度は聞いたことがあると思います。

なんでそういわれてるのかというと、
髪の合成に必要なアミノ酸を消費してしまうから
といわれています。

アルコールを分解するのに
メチオニンなどが消費されてしまうから
髪に育成に影響するってことです。

どの程度のアルコールでどの程度のアミノ酸が消費され
それにより髪の育成にどの程度影響するのか、
細かい話はよくわかんないです。

でも酒は髪に悪いってのは個人的には支持します。

アミノ酸の他にも肝臓に負担をかけたり
様々な病気の温床にもなっていると
いろいろわかってきています。

つまり体への負担がとても大きく
血液の質を低下させることに繋がると思うのです。

肝臓は毒素を分解する重要な役割がある臓器で
血液が汚れるのを防いだりなどとても多機能です。

髪の健康は内蔵の健康といえるものですので
内蔵は大事にしないといけません。

でも少量のお酒だと問題はないと思います。

一応百薬の長という呼び名もありますし
血行を促進したりする効果もあるので完全に悪いものではありません。

あと付き合いで飲まなければならないこともありますし
全く飲まない!というのも人間関係的に問題が出てしまいます。

ブログ管理人のぽんぽくも普段は全く飲みませんが
たまに友達に会ったときは1杯か2杯のビールくらいは
付き合うようにしています。

てことであんまり神経質にもなるのもあれですね。

本当に問題なのは連日のように飲みすぎる習慣です。

世界中の大人はお酒が大好きです。
季節問わず1年中飲んでます。

缶ビール1杯くらいならいいと思いますが
ビン1本とか開けてしまうのは多いですね。
ワインとなるとさらに多すぎです。
ビールよりアルコール度数が高いので。

そんな習慣を続けているともしかしたら髪の前に
なんらかの不定愁訴が現れるかもしれませんよ?