テストステロン自体が薄毛を促進しないので減らす行為は危険です

薄毛対策に関して勘違いしやすいポイントはいくつかあります。

その一つがテストステロンに関することです。

テストステロンは男性だと睾丸(金玉)と副腎から、
女性は卵巣と副腎(腎臓の上にある小さな器官)から
分泌されている男性ホルモンの一種です。

男性型脱毛症を発症させるDHT(ジヒドロテストステロン)は
テストステロンと5αリダクターゼという還元酵素が
組み合わさることで発生します。

その仕組みをご存知の方はとても多いと思います。

でもこう考えてしまってはいないでしょうか?

ではテストステロンを減らせばDHTは生まれないので
薄毛対策として有効では?と。

たしかに理屈的にはあってますが
それは危険なので絶対にするべきことではありません。

まずテストステロンはどういう役目があるかというと、

体毛を生やしたり睾丸や陰茎(ちんちん)の発達、
そして筋肉量増加や骨格の形成、
性欲の発現・精子の生成などの男性機能の発達・維持

といった感じでかなり重要な役割があるのです。

いまは女性ホルモンを投与したり
男性ホルモンの量自体を減らす薬があるそうですが
そういう類のものは性同一性障害をもった方等が利用するものです。

テストステロンを減らす行為は男を捨てることになり、
乳房が発達したり性欲がなくなったりしてしまいます。

つまり女性化のリスクが出てくるのです。

余談ですが昔アメリカかどこか海外の話ですが、
妻が夫の浮気を防ぐため食事の中にこっそり
女性ホルモン剤か何かを混ぜて夫に摂取させました。

すると夫は性欲が全然起こらなくなり
性格もどこか女らしくなってしまい
裁判にまで発展した事例がありました。

それほどホルモンをいじることは怖いことなのです。

そして次がさらに肝心なのですが、
テストステロン自体に薄毛を誘発する能力はなく
DHTになって初めて脱毛作用が現れるのです!

ということでテストステロンを減らすことは
かなり筋違いな行動ってことになっちゃうんですよ…

あくまで男性型脱毛症の対策というのは
DHTを産生するきっかけとなる5αリダクターゼの抑制、
またはDHT自体の活動を抑制するってことです。

ここを勘違いするととんでもないことになるので
しっかり覚えておいてくださいね。