シャンプーは何がいい?|髪を生やすのに洗うだけでは不十分

・シャンプーには問題がありすぎ!

シャンプーは薄毛対策の定番となって久しいですね。

頭が汚いとハゲるとか昔から言われてるので
シャンプー選びはとても重要視されてます。

今では育毛剤と同じくすごい種類がありますよね。

それこそ何を選んだらいいかわからないくらい。

そこに多くの問題点が隠れているので
今回はその確認も踏まえて本当に髪を生やすには
どうすればいいかも学んでほしいと思います。

シャンプーには種類が多すぎること、
そのほとんどはまがいものであること、
そして勘違いという大きな問題が潜在しています。

まずはそういうことをしっかり自分の中に
落とし込まないと先には進めないと思っています。

・シャンプーの最も重大な問題は勘違い

まず1つ目の問題の種類が多すぎることについて。

それは他のあらゆる商品にも言えることですが、
ありすぎて何がいいのか迷ってしまい、
混乱しちゃいますよね・・・

言い分も商品によって異なり、
これはこういうところが優れているとか
あの商品はここがなってないとか多岐に渡ります。

それに関連する2つ目の問題がマガイモノです。

残念ながらシャンプーの大半は
決して肌によくない代物と化しています。

車の洗浄液と大差ない無駄に強力な洗浄剤を
メインに配合するのが当たり前となり、
防腐剤や着色料なども無駄に多く入ってたりします。

薄毛に悩む人を対象にしたものなどは
その辺のスーパーやドラッグストアに売ってるものより
かなりましになっているものが多いです。

が、マシというだけでちゃっかり強めの洗浄成分や
謎の添加物を入れてるもの少なくないです。

例えばラウレス硫酸ナトリウム(定番の洗浄成分で、
肌に悪いものの代表格)は使っていないけども
スルホン酸系の成分を入れてたりですね。

どちらも陰イオン界面活性剤であり、
肌に良くないのは共通しているわけですが、
他の成分ばかり強調されている傾向があります。

そして最大の問題(ポイント)は勘違いです。

これは広告の影響が多くを占めると思いますが、
いかにも使い続ければ髪が生えるとか
育毛になるみたいな感じがしますよね。

でもシャンプーは所詮シャンプーであり
洗浄剤でしかありません。

いくら熱心に開発されたものといえど、
その域を脱することはありません。

もし脱することができたとしたら
それはもはやシャンプーではなく、
育毛剤か何かに分類しないといけないと思います。

中にはアミノ酸やら男性ホルモンを抑制するとされる
漢方チックな成分を含むものも多くありますが
それはおまけ程度で考えたほうがいいですね。

過度な期待をすると結果とのギャップに
落胆してストレスが溜まりかねないので…

それでもシャンプー選びが大事な理由は
マガイモノを使って肌が荒れるのを防ぐためであり、
最低限の対策のためにもなるからですね。

特に前者の意味合いが大きいです。

香りとか仕上がりばかり重視されてる大手のものは
成分を見るとまあひどいってものしかないので…

そういうのを選ばないことは地味に重要です。

・シャンプー選びの前に大事なこと

ということでまとめると、
シャンプーは単なる洗浄剤であり、
薄毛でなくても良質なものを選ぶことが大事です。

そして髪を生やすにはいくらシャンプーにこだわっても
進展することはないことを覚えておいてください。

これを使えば解決する!みたいな考え方は
依存度が高い典型的なものなので論外ですが、
自然とそうなってる方が多いのが現状だと思います。

なんでそう思うかというと、
薄毛の人が減る様子がさっぱり見られないからです。

むしろそういう人がふえてるんじゃないかと
街中を歩いているとよく思います。

本気で育毛について学ぶ人だらけならば
もっと薄毛の人を見かける頻度は少ないはずですし、
悩む人も必然的に少なくなってると思います。

シャンプーはあくまで対策のごく一部でしかなく、
本当に重要なのはそこではないことに気づく必要があります。

そこに気づかなければ、
こんなに丁寧に洗ってるのになんで髪が生えないんだ!
という意味不明な文句をいつまでも垂れ流すことになります…

シャンプーは何がいいのかと思う前に
もっと根本的なことを学んでいきましょう!

その話は長くなるので別記事にてお伝えします。

ちょうどサプリの話でその流れになったので
興味があるならそちらの記事も御覧ください。

⇒サプリを飲み続けても髪が生えないような話