ほんまでっかtvで紹介された2種類の薄毛対策といくつかの問題点

ほんまでっかTVの薄毛話

毎週水曜日の21時から放送しているほんまでっかtv(テレビ)は
けっこう人気が高い番組のひとつだと思います。

個人的にもかなり好きな部類に入る番組で、
見だすと止まらない感じになってしまいます(^^)

で、ネットで薄毛のことを色々調べてると
たまたま番組内で薄毛がテーマになってたことがあったそうなので
それについてちょこっと触れていきたいと思います。

リアルタイムでいつも見てるわけではないので
もしかしたら見逃してることもあると思いますが、
取り上げられていたのはシナモンとプラセンタですね。

まずシナモンについて触れていきます。

シナモンはお菓子とかによく使われるので
けっこう馴染みが深い食品だと思います。

熱帯地方に自生する常緑種の一種で
樹皮が香辛料として加工されたものになります。

別名ではニッキとか経皮ともいいます。

シナモンには毛細血管を健康に保つタンパク質を
活性化させる作用があることから様々な病気や
老化現象の予防・対策に役立つと言われています。

例えば糖尿病や高血圧、動脈硬化だったり
脂肪細胞を縮小させたり、白髪や冷え性、
美肌にもいいとかなんとか。

おそらく血管の健康に寄与することから
効能が多岐にわたっているのだと思います。

海外では糖尿病の治療にも使われてることから
食物繊維的な何かも含まれてるかもしれませんね。

こんな感じで調べてみると確かに育毛とも
関係が深い食べ物のひとつといえると思います。

下手なサプリを飲むよりずっといいですね。

ただ合わせて紹介されていた洗髪法については
賛同できない部分があります。

2度洗いについてはまだ許容範囲として、
コンディショナーを使うってところが気になりました。

コンディショナーは傷んだ髪を一時的に補修して
見た目や指通りを良くするだけの代物。

簡単にいうと自己満アイテムです。

シリコンやら陽イオン界面活性剤やら
着色料やら香料やら頭皮によくない成分が
てんこ盛りなので全くおすすめできるものじゃないです。

次にプラセンタについてですが、
これは最もおすすめできる成分の1つです。

プラセンタとは胎盤(たいばん)のことで、
胎盤とは母体と胎児を結ぶ器官のことです。

そこにはものすごい栄養素が凝縮されていて、
ビタミンやミネラルはもちろんのこと
細胞に欠かせない成長因子というタンパク質が
何千種類も含まれてると言われるすごいものです。

胎盤は生命の出発点といえるほど栄養が豊富なので
これぞオールインワンといっても過言じゃないです。

育毛との関連についてはホルモンバランスがあります。

薄毛になりやすい方のひとつの特徴に
男性ホルモンの分泌量が多いことがあります。

プラセンタによって傾きすぎたホルモンバランスを是正し、
根本的に薄毛の要因を減らせると期待できます。

てことでホンマでっかテレビで紹介された成分は
けっこう有用なんじゃないかな?と個人的には思います。

特にプラセンタはすごく重要なので自分もよく飲んでいます。
(現在はサプリ関係は飲んでいません)

番組では頭に注射することで生えるみたいなことを
女医さんが言ってましたが、それだとコストがかかるので
基本は飲用する方法にしたほうがいいと思います。

ただ注意点があります。

シナモンはそんなにないかもしれませんが、
プラセンタに関してはまがい物だらけなんです。

つまりプラセンタの濃度も質も悪いものが多いのが現状で
効果が実感できないものだらけになってるってことです。

プラセンタは美容目的で注目されたことから
ブームに乗ろうとこぞっていろんな商品が出ます。

とりあえず話題性があるものは売れるだろうという
魂胆の企業が大多数を占めちゃってるんですね、悲しいことに。

その点は育毛剤とかと全く一緒ですね。

回復をより加速させたいならプラセンタはおすすめですが、
まがいものを買わないよう十分注意するようにしてください。

⇒質のいいプラセンタとそうでないものの違い