育毛=食生活であると感じる今日この頃|グッズに頼るのは絶対NG

育毛対策に取り掛かってもう何年にもなりますが、
それで最近よく思うことがあります。

それがタイトルにも書いている通り、
食生活こそ育毛の決め手であるということです。

おそらくまだまだ多くの人は育毛剤などの
グッズに頼りっぱなしで食生活を改めることなど
微塵も考えていないだろうと思います。

それは自分自身も実際そうだったからそう思うんです。

まだ何も知らない頃は育毛剤をつけてりゃ髪が生えるとか
洗い方を丁寧にすれば髪が増えるなどとしか思ってませんでした。

それでも一向に状況は進展しなかったのですが
そのうち薬があることを知り飲み始めたものの
金銭的な理由で服用を中断してしまいます。

周囲からは生えたと言われたことがあったので、
薬である程度効果があったのだろうと思いますが
やめてしまったのでその成果も水の泡です。

その後、個人輸入という手法を知って
安く薬が手に入るようになってから継続はできましたが、
それでも進展することはあまりあまりませんでした。

正に八方ふさがり状態だったのですが、
光が見え始めたのは生活習慣の重要性を知ってからです。

その中でも食生活は特に重要なウェイトを占めていると
わかってからそれを徹底していきました。

するとこれまでとは比べ物にならないほど
髪の毛のハリ・コシが戻ってきて、
見た目でも太さが戻ってきてるとわかったのです。

食事は毎日誰でもすることですし、
体に与える影響が色んな意味で大きいことです。

健康を増進するにも食生活が基本であり、
健康を害する最も基本的な理由も食生活にあるといえます。

気をつければ当然体に良いことだらけですが、
残念ながらほとんどのひとはそれを自覚していないので
害だけが増え続ける状況に陥っています。

まず断っておきますが、
髪は体に余裕がないと十分に育たないもの、
つまり健康体でないと丈夫な髪は育ちません。

薬や育毛剤が育毛の本質であるなら
とっくのとうに問題は解決しているはずです。

でもそうなっていない人が多いのは、
慢性的に不健康体である可能性が高いと思います。

1日3食も食べる上に質の悪い加工食品ばかり口にし、
外食をする機会も多くなっていては、
体はどんどん活力を失っていきます。

現代の栄養学は食べないと健康に悪いとされてますが、
実際はほとんどの人が食べ過ぎてる状態なので、
いつまで経っても毒素が体から抜けきらず、
血液が常に汚れている状態だと思われます。

食べ過ぎると腸に宿便が溜まって
老廃物や毒素が腐敗することにより発生し、
それが腸から吸収されて全身に運ばれます。

さらに添加物たっぷりの悪質な食品に加え
血糖値が上がる麺類や白米をガツガツ食べます。

髪には栄養が大事という要素だけを鵜呑みにしていると
まず間違いなく誤った食生活を続けることになります。

食は全ての基本となる行為です。

それを改善せずして髪は生えないと思っておいたほうがいいです。

生活習慣の改善についてもっと詳しく知りたいのなら
このテキストを参考にしてみてください。

実際わたくしもそれを何度も見て勉強し、
常に実践しているので人生のバイブルになってるくらいです。

特に何年も薬とか使いまくってるのに治らないと
途方に暮れてる方はとても参考になると思いますよ。