フィンペシアが効かないと思ったらデュタステリドを検討するのも有

個人輸入を利用すればプロペシア以外にも
いろいろなフィナステリド錠を入手することができる、
というのは前々からお伝えしてます。

一番の人気はやっぱりなんだかんだいってフィンペシアだと思います。

他の錠剤と比べて安い上に販売実績も豊富なので
それなりの信頼性を得ているからだと思われます。

でも忘れてはいけないのは、
フィナステリド錠はどれも基本的に効能に差がないということです。

フィナステリドは1日に1mg以上摂取しても
効果が高まることはないとわかっているので
国内版だろうが海外版だろうが差をつけることはできないんですね。

だからフィンペシアだけでなく他の錠剤でも
効かないと思ってしまうことは多々あると思います。

もちろんフィナステリドの効能は
世界中で臨床試験や研究が行われている医薬品なので
飲んでも全く意味がないことはないと思います。

でもしっかり発毛してくれないと
効いてないのと一緒と思っちゃうかもしれません。

髪の毛は男性ホルモンだけでなく様々な要因が絡んでいるものです。

ですから髪が生えない理由をフィンペシアだけに
押し付けるのはちょっと可愛そうです。

薬を飲んでても生活習慣が悪ければ
当然髪の復活具合は変わってくるからですね。

それはブログ管理人も実感しています。

ただ生活習慣はそこまで悪いほうではないのに
改善具合がよろしくないって思う方もいると思います。

そういうときはデュタステリドを試してみるのも有です。

それはフィナステリドのパワーアップ版みたいなもので
前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。

フィナステリドはAGAの原因物質である
ジヒドロテストステロン(DHT)を生み出してしまう
5αリダクターゼという酵素を抑制する効能がありますが、
その作用は2型にのみ及びます。

デュタステリドは1型の5アルファリダクターゼも抑制するので
より強力なAGA対策が可能になります。

一部からは、男性型脱毛症は2型酵素で作られた
dhtで発現するものだから1型の抑制は
あまり意味がないという意見もあります。

しかしフィナステリドより1.5倍も効果が出た、
という研究結果も存在するのは事実なので、
まだわかっていない薄毛のメカニズムがあると思われます。
(ちなみにその研究は韓国によるもの)

ただ副作用(主に精力の減退)が
フィナステリドより強いので気になる方は注意してください。

他の注意点もフィナステリド錠と一緒で、
飲んだら少なくとも1ヵ月以上献血しない、
なるべく家族計画(子作り)も服用中は避ける、
肝臓が弱い方は避ける、女性には服用させないって感じです。

あと1日1錠も同じですね。

ちなみにデュタステリド錠は現在2種類あります。

1つ目は本家である「アボダート」です。

ちなみに国内ではアボルブという名前で販売されてますが
それもプロペシアと同じく医師の処方が必要になります。

2つ目はアボダートのジェネリックである「デュタス」です。

個人的に基本はこっちでいいかなと思います。
価格に差がありすぎるので。

少しでも安心感を得たいなら本家でもいいと思いますが、
使う使わないも含めあなたの判断におまかせします。

※もし使用したいのであれば↓などの個人輸入代行業社のHPを参照してください。
※使用に関しては自己責任となります。