ミノキシジルの錠剤は効果が高いぶん副作用も強いので注意しよう

ミノキシジルは頭皮に塗布する外用剤タイプが一般的です。
リアップとかロゲインとかポラリスとかですね。

でも錠剤タイプもあるのをご存知でしょうか?

それをミノキシジルタブレットといい、ミノタブと略して呼ぶ人もいます。

内服タイプは体の内側から働きかけるのですが、
外用タイプより効果が強いといわれています。

塗り薬ではパッとしなかったけど、
飲み薬にしてかなり改善した人も少なくないです。

それで今ではけっこう有名なものになってます。

ただし、注意してほしいのは副作用ですね。

メリットが大きいということは
デメリットも同時に大きくなるのが世の中の法則です。

有名なのは体毛も濃くなる多毛症が起きる可能性があること。

多毛といっても腕とか手とかの無駄毛が
少しだけ濃くなるだけなのでそこまで問題にはなりません。
原始人みたいになることはまず考えられないですね。

それより内蔵への負担の方を気にするべきですね。

心臓への負担もそうですし、
薬を代謝する肝臓だって関係してきます。

あと腎臓が悪くて人工透析を受けてる方も
症状が悪化する可能性があるので使用しないほうがいいです。

ミノタブは健康な成人男性専用と思っておいてください。

成人といっても体の機能が低下している
高齢者の方は避けたほうがいいですね。

※女性も安全性がよくわかっていないため
できれば摂取しないほうがいいです

どんなものでも体質的に合わない場合もありますので
何か異常を感じたら摂取量を減らしてみたり、
使用を中止することも検討してみてください。

では使ってみたい方を対象に、
ミノタブがどんなものかを紹介しておきます。

・ノキシジル

ミノキシジルタブレットの中では
最も価格が安く人気が高いタイプになります。

アメリカ製のロニテンのジェネリックで製造国はタイ。

10mgと5mgの2種類があります。(基本は1日5mgとします)

旧型のボトルタイプもあります。
シートタイプの方が衛生面はよいと思いますが
取り出しはこっちのほうが楽ですね。

・ロニテン

アメリカ製のミノタブで先発医薬品かと思われます。

フィナステリド錠で言うプロペシアみたいな感じです。

・ミノキシジルタブレット

こちらはアメリカ製のジェネリック版ミノタブです。
名称がそのまんまなので少しややこしいですね。

作っている会社はPar Pharmaceuticalというところで
2.5mgと10mgの2種類が存在します。

なるべく少ない量から試してみたい方は
2.5mgタイプからのほうがいいと思います。

※試してみたい場合は↓のような
個人輸入代行業社のホームページで検索してみてください。

※業者によって取扱商品が異なるので上記で紹介した製品が必ずあるとは限りません。

※使用はもちろん自己責任でお願い致します。