ロゲインが効かないのはなぜか|リアップのほうがまだまし?

ロゲインって育毛剤をご存知の方は地味に多いかもしれません。

ファイザーというアメリカの製薬会社が開発したもので
おそらくミノキシジル系育毛剤の中では
リアップの次くらいに有名なんじゃないかと思います。
(あくまで個人的な感想)

特長はミノキシジルが5%含まれていることと、
女性用のミノキ濃度がリアップより多いことですね。

リアップリジェンヌだとミノキシジルが1%ですけど
ロゲイン女性用は2%配合されています。

1%違うだけでどう効果に影響するのかは
よくわかりませんが精神的に多いほうがいいと感じる人にはいいと思いますね。

あと大きな違いは値段ですね。

リアップ(x5)は7400円くらいしますけど
ロゲインは5000円前後ですのでまあまあいい節約になります。

※女性用の差は数百円しかないですが…

前後とつけてるのは為替相場により変動するからです。

ロゲインは主に3種類あります。

・ロゲイン5%(男性用)

・ロゲイン2%(女性用)

・ロゲインフォーム

フォームってのは泡って意味です。
ローションタイプより乾燥するのが早く液ダレしにくい特長があります。

興味がある場合は下記のバナーより
代行業者のHPへいって直接検索してみてください。使用は自己責任となります。

で、肝心の効果についてですが、
残念ながら顕著に回復したという感想は
あまりというかほとんどないのが現状です。

個人的な見解としては、おそらく機能が乏しいからですね。

ミノキシジルは皮膚から吸収しにくい成分なので
ナノなどの優れた浸透技術が必要不可欠だと思うのですが
ロゲインにはそれらしき機能は見当たりません。

そしてプロピレングリコール(PG)という
皮膚がかぶれやすい溶剤も使っており
安全性には少し疑問符がついてしまいます。

頭皮が荒れると髪が育ちにくくなり
抜け毛も増える恐れがあるので元も子もありません。

ということで値段の問題を抜きに考えると
リアップをつけたほうがまだましだと思われます。

リアップも昔はPGを使っていたのですが、
安全性をアップさせ今では配合されていません。

でもここまで言っておいてなんですが、
リアップとロゲインで迷うくらいなら
他の(海外製)ミノキシジル育毛剤を選んだほうがいいですね。

そのほうが価格がロゲインとさほど変わらないのに性能が明らかに上だからです。

有名どころではポラリスシリーズがありますが、
好みとか使い心地は人それぞれなのであくまで参考として捉えてくださいね。

もちろん効果が出るか出ないかはしっかり継続できてるか、
あなたの私生活の送り方でも変わってきますのでそこは明言することはできません。

⇒ポラリスシリーズについて

⇒参考:カークランドの特徴