ジヒドロテストステロンの抑制の是非|本当に悪玉男性ホルモン?

髪の軟毛化(枯れ毛)・ヘアサイクルの乱れ(抜け毛)、
ハリ・コシの消失を引き起こすagaは
男性ホルモンが原因であることは有名です。

ジヒドロテストステロン、通称DHT。

初めは長ったらしくて覚えにくそうな名前でしたが
今ではすっかり覚えたって人も多いと思います。

そいつは毛乳頭細胞内で還元酵素によって生まれ
受容体と結合することで脱毛促進因子を発生させるので
悪玉男性ホルモンと言われることもある。

ただその表現は必ずしも正しくないと思われます。

なぜかというとDHTも体にとって必要なホルモンだからです。

男性型脱毛症だけを基準に置くと確かに悪者かもですけど
体全体に視点をフォーカスすると全く違います。

還元酵素(5アルファリダクターゼ)には
I型とII型の2種類あることが知られてます。

II型は前頭部から頭頂部にかけての頭部や髭の部分、
金玉袋の皮膚など限られた部分にだけありますが
I型はほとんどの部分の細胞に存在してます。

それはなんでだと思いますか?

テストステロンは筋肉や骨格の成長・維持、
精子の製造など男性機能の要となるホルモンです。

ホルモンは受容体と結びつくことで初めて作用しますが
DHTになると10倍も結合(作用)しやすくなります。

体には元々そういう仕組みが備えて
健康を維持していると考えられるのです。

盲腸でも何でもそうですが
体の中に不要なものは基本的にないんですね。

なぜ2型酵素が頭の毛乳頭細胞に存在してるのか、
なぜ頭部は禿るのに髭は禿ないのか、
というところはわかりませんが
何らかの役割があるから存在してるのかもしれません。

ということでフィナステリド(プロペシアの有効成分)は
男性ホルモン(テストステロン)に直接影響を与えないので
安全性が高いとよく言われてますが長期的にみるとどうなのか、
という疑問も生まれてくるわけです。

プロペシアやフィンペシアなどのフィナステリド錠が
テッペンとおでこ付近にだけ効いたらまだいいのですが
飲み薬ですので嫌でも全身に作用します。

II型5αリダクターゼは性器付近に存在してるので
それが性欲や精子の減少に繋がってると思います。