男性型脱毛症に効くシャンプーってあるの?洗浄成分が浸透したらまずい

髪が薄くなると頭をしっかり洗わなきゃ!
と思う人は多いかもしれません。

髪を洗うという行為は発毛や育毛と
直接関係はしないですが抜け毛の原因を
極力減らす為の対策にはなりえます。

というより抜け毛の原因を作らない
といったほうが正しいかもですね。

シャンプーってのはコストを削減するために
石油由来の洗浄剤をたっぷり使ってるのが多く
頭皮ケアにならないものばかりです。

ラウリルとかラウレスとかスルホン酸とか
わけのわからない香料や着色料、
安息香酸などの旧指定成分を平気で入れてたり
儲け・一時的な効果ばかり優先してます。

最近髪に悩む人が男女問わず増えてるのは
個人的にはその点が一因になってると感じます。

てことで完全に安全が保証されてはいませんが
基本はアミノ酸系シャンプーがいいと思うわけです。

(保証されてないといったのはアレルギーが起こったり
アミノ酸系洗浄成分が人体にとって本当に安全か
まだ科学的に分かってないことが多いのがあるため)

ではアミノ酸シャンプーだと
男性型脱毛症に効果的なのかというと、
そういうことでもありません。

シャンプーはあくまで洗浄剤です。
それを忘れてはなりません。

最近は馬油を配合したりアルガンオイルなど
血行促進や皮脂の過剰分泌を予防する成分を
配合したものも出てきましたが、
薄毛の根本対策ができるわけじゃありません。

AGAはジヒドロテストステロンにより
脱毛を促すタンパク質(TGF-β1)が生まれ、
それにより毛母細胞の活動を停止させる脱毛症です。

つまり頭髪の最も奥で起こっているホルモン作用なので
毛乳頭細胞まで有効成分を浸透させないとダメなわけです。

シャンプーは頭皮の表面と髪の毛が外に出た部分(毛幹)に
アプローチするものであるのでケア方法の次元が
全く異なるってことになります。

ですからどんなに高機能でどんなに肌に優しく
どんなに有名なシャンプーでもAGA対策はできません。

仮に配合成分を全てナノ化にしたとしても
育毛に関係ない洗浄成分までジャンジャン浸透することになり
髪に良い影響を与えるとは思えません。

あと大抵のシャンプーは防腐剤が含まれてるので
そういうものが細胞に何をするのかもわかりません。

ということで男性型脱毛症を克服したいのなら
プロペシアでもフィンペシアでもいいので
フィナステリド錠剤を服用することを基本にし、

シャンプーは最低限のエチケット用品と
捉えておいたほうがいいと思います。