フィナステリドとミノキシジルを併用しなければいけない理由とは?

フィナステリドの服用はaga対策の基本になります。

でもあくまでそれは「基本」どまりです。

どういうことかっていうと、フィナステリドだけでは薄毛の克服は難しいんですね。

5αリダクターゼを阻害してジヒドロテストステロンの
生成量を減らすという効能は世界中で認められているので
間違いないのですがそれはあくまで悪化の阻止になります。

これ以上森林の伐採が進まないよう食い止めるだけなので
そこから木の成長を後押しすることができないんです。

原因を減らすだけでも髪は成長するチャンスは生まれます。

でもそれだと薄毛を早く治したいという気持ちに反することになってしまいます。

薄毛者にとってはハゲてる時間は1秒でも早く脱したいと思うのがふつうです。

ですから心臓になんらかの疾患がなく
副作用の抵抗感がないのであればミノキシジルは積極的に活用すべきです。

ミノキシジルは血流や成長因子の分泌を促すという効能があります。

いわゆる育毛促進が可能ってことになります。

成長因子というのは髪の毛の細胞の働きを促進させる
特殊なタンパク質の事をいいます。

以前は血流を促すことで育毛効果を発揮するといわれてましたが
それだけだとフロジン液(塩化カルプロニウム)や漢方薬、
運動などでも髪が劇的に増えないとおかしいわけです。

てことでミノキシジルの育毛効果が他より優れてるのは
成長因子の分泌促進に秘密があるんです。

プロペシアやフィンペシアの効果は脱毛酵素といわれる
5αリダクターゼ2型の阻害の1点に絞られます。

だからなかなか髪が生えづらいんです。

でもミノキシジルだけだとDHTの抑制が出来ないので
それまたAGA対策としては不十分になります。

つまりミノキシジルとフィナステリドは
お互いの欠点を補い合う関係といえるので
いまや公に併用が推奨されています。

ちなみにフィナステリドだけでも
かなり薄毛が回復する方も中にはおられます。

なんでそうなのかは詳しく調べてみないとわからないのですが
おそらく男性ホルモンの影響を強く受けるタイプなんだと思います。

それは遺伝で決まるのですが、
男性ホルモンの影響を受ける度合いが強いほど
かなりハゲやすいというリスクがある反面、
フィナステリドがより有効という特長もあります。

でもそういう方は非常に稀なので
それに期待して対策は手抜きしないほうがいいです。

例えば育毛剤代をけちったり薬を飲んでるからと安心して
生活習慣の改善が疎かになっているなどですね。

髪に良い事はとことん実行し悪いことはできるだけ避けるようにする。

それが育毛の大原則になります。

少し話がそれましたが、
とにかくAGAをさっさと治したないのなら
フィナステリドとミノキシジルの併用を基本におきましょう。

⇒次はなんのミノキシジル育毛剤がいいのかについて