20代前半からでもプロペシアは飲める|若ハゲは効きやすい可能性有

フィナステリドはDHTを減らす効果があるので
未成年だと成長途中の男性器に影響を及ぼす、
という懸念があります。

でも成人になったらその心配はまずないだろう
ということでプロペシア服用が解禁されます。

20代前半で飲んでも大丈夫だろうかと
心配する方もいますが肝臓が悪くなければ
問題が起こることは少ないと考えられます。

むしろ男性型脱毛症だとわかってるなら
早く飲んだほうがいいと思います。

若ハゲに悩むってことは男性ホルモンの影響が強い
(感受性が強い)可能性が高いので
プロペシアが効きやすいかもしれないからです。

(本当に有効かは専門病院にいくか
検査キットを取り寄せて遺伝子を調べます)

もしプロペシアが高くて買えない、
皮膚科にいくのが恥ずかしいって場合は
個人輸入を利用してフィンペシアなどを
購入するといいと思います。

それだとコストがめちゃくちゃ削減できます。

そしてこれは全年代に言えることですが
薬を飲んでればOKということではなく
私生活を正すことも忘れちゃダメです。

狂ったヘアサイクルは簡単には戻らないので
日々の生活習慣を正すことで
薬ではできない育毛作用を養っていくのです。

若いうちは細胞の新陳代謝が活発なので
プロペシアだけでも回復する可能性は
中年や老年の方と比べて高いかもですが
それでも生活習慣を悪くしていい理由にはなりません。

まだはっきりとわかってませんが、
もし仮にプロペシアにも耐性が存在するとしたら、
いつの日か効果が薄くなってしまったとき、

薬だけで支えられてた髪が崩れ去る…
なんてことにもなりかねません。

そもそもプロペシアってAGAの進行を
抑制するだけの効能しかないですので、
髪を育てる対策もしないとダメなんです。

若気の至りなんて言い訳をしてると
将来痛いツケを払わされることになるので
若いうちから健康を意識するのがすごく重要だと
個人的には強く思います。