リアップが効かない2つの理由|発毛させるにはどうすればいいか

リアップってめちゃくちゃ有名な育毛剤ですよね。

1年中テレビでコマーシャルを流してるから
ハゲてない人でも知ってる人はとても多いはず。

有名なのは宣伝していることだけでなく
唯一無二の要素があることも関係してると思います。

それはミノキシジルが含まれてること。

なぜかわかりませんがミノキシジルを配合した育毛剤は
日本ではリアップシリーズしかありません。

ミノキシジルはFDA(アメリカ食品医薬品局)をはじめ
世界中で育毛薬として承認されたもので
最も効果的といわれるAGA対策薬の1つです。

そんなんが含まれてるものですから
おのずと知名度が高まったんだと思います。

でもリアップが効かないと嘆く人が続出・・・

どのくらいいるかわかりませんけど
おそらく使ったほとんどの人がそういう感想を
抱いていると個人的には感じます。

なんでそう感じるのかというと、
大きく2つの理由があります。

1つは育毛剤の機能自体がしょぼすぎること。

リアップの最上位タイプであるX5には
文字通りミノキシジルが5%含まれてます。

が、特徴としてはそれだけです。

他に含まれてる成分を見てみると
化粧品でも良く使われる保湿剤のBG、

基剤と思われるエタノールにph調整剤のリン酸、
そして安全性が疑わしい酸化防止剤の
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)が含まれてるだけ。

育毛剤で大事なことはなんだったか覚えてますか?

育毛に効果的とされる成分を配合するだけでなく
毛乳頭(髪の根っこ)まで浸透させる技術とセットであること、です。

さらにいうと単独の成分に頼るのではなく
複数の優良な天然成分も同時配合するとなお良いのですが
リアップにはそれらの要素がほとんど欠けていますね。

いいのはミノキシジルが含まれてることだけです。

だから海外製が基本になるんです。

※濃度は優れた海外製品でも同じようなものがあるので
一概には悪いとか少ないとか言えません。

でもあまりに低いのもよくないのは確かです。

あんまり安全性ばかり追求すると効果が出ず
本末転倒になりますからね。

だからリアップジェットとか
出す意味があるのかとよく思うわけです。

リアップが効かないと思われる2つ目の理由は生活習慣です。

これはそもそも論になると思いますが、
たとえどんな優れた製品や薬を使っても
生活習慣が悪ければお話になりません。

なぜなら髪が生える体質になってないからです。

いくら外からサポートしても
肝心の大元が腐っていたら育つものも育ちませんよね。

アシストにばかり精を出しても
ストライカーがいなければ点が入らないのと同じです。

まあほとんどの育毛剤は効果が乏しいと思われるので
効かないと思うのも無理はないのですが、
髪が生える体質を整えておかないといいものを使っても
良さに気づかずまた違う育毛剤に浮気するってことになると思います。

ちなみにここでいう体質とは遺伝的な意味ではありません。

遺伝は生まれた瞬間から決まってる要素なので
どんな行動をしても変えることはできません。

髪が生えやすい体質とは血液の流れが正常なのはもちろん
体に不純物がなく内臓が綺麗で免疫力が高く
エネルギーを体の末端まで十分に供給できる
余裕がある状態の事をいいます。

健康体でないと皮膚まで栄養が届きにくいんです。

渋滞を緩和しても物資が少なければ意味がないですよね。

多くの方は血行を促進すれば髪が生えると思ってますが
そんな簡単なことではありません。

まずはリアップがどうのこうの言う前に
体質改善に重きをおく必要がありますよ!

⇒その点に関してはこの記事でたっぷりお伝えします