カツラをかぶっても心理的にきつい?頭髪偽装のイメージは悪い

カツラ(通称ズラ)はどんなに髪が薄くても
瞬時に隠すことができる便利グッズで
ほとんどの方が存在を知っていると思います。
最近は技術が向上してバレにくくなっており
お洒落にも使われるようになってきました。
しかし、それでも完全に安心感を得ることは
かなり難しいのではないかと思われます。
管理人ぽんぽくは着用したことはないですが
調べてみるといろいろ苦悩する場合が多いので
やっぱりそうなのかとすごく納得しています。
一番問題となるのはバレるかバレないかの
瀬戸際に年がら年中立たされることである。
いくら技術が向上したからといって
完全にばれないとまでいってないと思うので
常に危険が付きまとっているといえます。
また、見た目がよくなるからハゲをさらけ出すよりマシ
と必ずしもならないのが人間関係のやっかいなところ。
もちろん全員ではないですが、
同じハゲでもカツラをかぶっている男性の方が
生理的に受け付けないという女性もいるのです。
むしろそう思う女性の方が多いかもしれません。
頭髪偽装という言葉があるように
ズラは男らしくないとか潔(いさぎよ)くない
などと酷評されることもあります。
それでお見合いや合コンなどに挑むときに
そのままの自分でいくかカツラをかぶって誤魔化すかで
かなり葛藤してしまうかと思います。
仮にズラで挑んで付き合うことができたとしましょう。
すると今度は正直に話したほうがいいかという葛藤が生まれ、
もし話したらフラれるのではないかという不安も過(よぎ)ります。
ヅラは悪というといい過ぎなのですが
それに極めて近い感情が渦巻いているような気がします。
そしてネタになるとしてエンターテインメントという名の
魔物の格好の餌食になってしまいます。
耐震偽装で話題になった元一級建築士の姉歯氏が
係争の渦中でズラだったことが発覚し
マンションだけでなく髪の毛も偽装だった!などと
変な意味でかなり話題になりました。
あとカツラで検索すると芸能人の名前がズラリと出てきます。
それほど世間一般的に悪い意味で
気になる事柄になってしまっています。
薄毛でかっこいい人を探す人よりは
興味本位で知りたい人が大半だと思われます。
ではここまで世間の風が冷たい状況下でも
カツラをかぶることを選択する人の心理はどうなってるのか。
自分は絶対ばれてないと思っていることや
とにかくハゲ頭を見られることが嫌だから、
もう育毛対策は飽きたし復活の兆しが見えない
でも髪がない自分はありえないからかぶる、
という感じかもしれません。
あとお金に余裕があるからって理由もあるかもです。