薄毛を治したいなら何をするべきか|逆の意味で考えてみましょう

あなたがこの記事を見ているということは、
心の底から薄毛を治したいと思ってるはずです。

または伴侶や親友など大事な人のために
なんとかしてあげたいと思っているのではないでしょうか。

今回は薄毛を治す上で何をするべきかを
反対の意味でお伝えしていこうかなと思います。

どんな意味かというと、読み進んでいただければわかります。

薄毛というのは主に、
男性ホルモンの一種であるDHTで引き起こされるAGAのことで、
悪化・復活ともに生活習慣で大きく左右されます。

そのため薄毛になりたいのならなるべくDHTをたくさんのさばらせ、
好きなように私生活を送るようにしましょう。

まず基本となるのは、プロペシアを飲んではいけません。

プロペシアはDHTを生み出す5αリダクターゼ2型という酵素を
抑制してしまうので薄毛の進行が妨げられます。

もちろん成分がほとんど同じである海外製の薬も
プロペシアと同じく飲んではいけません。

ミノキシジル系育毛剤も髪を増やしてしまう恐れがあるので
なるべく使わないようにしたほうがいいです。

その辺の薬局やスーパーに置いてある育毛剤は
質が悪いので使っても使わなくても状況は変わりません。

同じくネット上で有名となっている
返金保証や効果について大々的に謳ってる育毛グッズも
中身が大したことないものだらけなので使っても大差ないです。

逆にあまり過剰な宣伝がされていない商品力に特化した
本気で作られた商品は質がまるっきり違うので
育毛に大きく加担してしまうので注意しましょう。

シャンプーはテレビCMでよくみる安価なものを使いましょう。

石油由来の界面活性剤をはじめ香料や着色料、
シリコンなど頭皮環境を悪化させるものばかり含まれてるので
禿げやすい頭皮環境を作るにはぴったりな代物です。

セットになってるリンス(コンディショナー)やトリートメントも
薄毛に寄与する要素だらけなので積極的に使っていきましょう。

サプリはほとんどのものが添加物だらけなので
これまた安いものをバンバン飲んでいきましょう。

けっして進化し続けるリピーターが多い製品を選んではいけません。

髪を乾かすときはタオルでゴシゴシ、バーっと雑に拭いて
キューティクルをどんどん痛めつけてやりましょう。

トドメにドライヤーをめちゃくちゃ近づけて
あち!っと思うまで同じ箇所に温風を当てましょう。

そうすることで髪に付着した水分が沸騰し髪の毛そのものを壊せます。

もしくは髪を乾かさずに寝るのもいいでしょう。

そうすることで細菌が繁殖して炎症が起きて
髪の成長を邪魔することができる可能性があります。

就寝時間は夜中の2時以降にすることで
成長ホルモンの分泌量を抑えることができて
髪が成長する機会を失わせることができます。

慢性的に寝不足状態になることで
体は疲れが取れなくなって免疫力が低下し、
髪の成長を鈍化させることにも活かせます。

食事は好きなモノをばんばん食べまくりましょう。

コンビニやスーパーの惣菜(弁当、菓子パン、冷凍食品など)、
ハンバーガーなどのファーストフード、駄菓子類を食べまくることで
体に添加物を取り込むことが可能になります。

そしてそれを処理することばかりに体は勤しむので
髪に回る栄養を減らすことができるうえに
食べ過ぎることで毒素を血管を通して全身に送れます。

食事は1日3食きっちり食べましょう。

朝もきちんと摂ることで体は排泄する暇がなくなり、
体に毒素が溜まるようになり髪にもゆくゆく
ダメージとなって積み重ねることができます。

特に甘いものや肉、揚げ物は積極的に摂っていきましょう。

肉はアメリカ産の牛肉や豚肉、
ブラジル産の鶏あたりがおすすめです。

餌に遺伝子組換えコーンや肉骨粉、
病気を防ぐ抗生物質の投与などやりたい放題です♪

甘いもの体の中で糖とタンパク質が結合した
AGEという老化物質を増やすことができます。

それにより体はどんどん痛めつけられるので
育毛剤やサプリ、薬の効果も無駄にすることができます。

運動もまったくせずゴロゴロした毎日を過ごしましょう。

運動をすると毒素の排出や血流が促されてしまい、
髪の成長が進んでしまう恐れがあります。

ただ過度な筋トレをすることで男性ホルモンを増やして
逆にAGAの進行に貢献することができるかもしれません。

ストレスも受けれるだけ受けてなるべく溜め込みましょう。

すると自律神経を乱して交感神経ばかりが優位になり
活性酸素をどんどん増やすことができます。

それと頭皮マッサージも
シャンプーのときだけでなく暇さえあればやりましょう。

毛細血管を傷つけて髪への栄養経路を
遮断することができるかもしれません。

パソコンやスマホも好きなだけ行いましょう。

電磁波をたくさん浴びれるし
目の疲れが頭皮の血行を悪くしてくれます。

・・・・さて、
今回の話を聞いてあなたはまず何をする?

追記 2017年4月26日

植毛は基本的に受けてはいけません。

薄毛の根本解決に繋がる恐れがあるからです♪

自毛植毛は男性ホルモンの影響を受けない髪の毛を利用するので
AGAから決別することになりかねません。

ただ人工毛植毛は頭皮に大ダメージを与え
既存毛もダメにする可能性があるので
真の意味で禿げたいなら受ける価値はあります(笑)