薄毛治療を病院で進める上での良い所と注意点について

・薄毛は病院で対策するのが基本となった時代

薄毛治療は大きく分けて2種類あります。

ネット上の専門家の情報を元に進める方法と、
専門の病院に通うことです。

今回は後者の良い所や注意点をお伝えしていきます。

プロペシアが登場したあたりから、
薄毛は病院で治せますとかお医者さんに相談だとか
かなり宣伝されるようになりましたね。

それから専門の病院や外来まで登場するようになり
いまやごく当たり前の存在になってる感じです。

その方法は数ある薄毛対策の中で
最も勧めれるもののひとつです。

その理由も含めて後述しますが、
意味不明な育毛グッズを使い続けたり
サロンに行くよりもずっと有効な対策なので
時間とお金に余裕があるなら良い方法となります。

でも注意点もいろいろあるので
病院ならどこでもいいわけではありません。

・病院での育毛する上で知っておいてほしいこと

まずは病院がなぜ薄毛治療にいいのかという
メリットの部分をお伝えしていきます。

一括りでいうと信頼性が高いからです。

基本中の基本として、病院は医療機関です。

医療機関=医療行為ができる場所であり、
それなりに根拠がある治療を行うことができます。

これと大きく異なるが発毛サロンです。

育毛サロンとも言われますが、医療機関ではないため
薬を処方するなどの医療行為が出来ないため
根拠が乏しい施術しかできません。

薄毛の大半はAGAと言われる男性型脱毛症であり
男性ホルモンの対策が必須となるものです。

それが出来ないと致命的ともいえます。

そして、薬自体の信頼度も高いのが特長です。

最近はネットの発達によって個人輸入も
市民権を得たように当たり前の手法になってますが
どうやら偽物も多く出回ってるそうですね…

飲んだら健康被害が出るほど悪質なものは稀でも
飲んでも意味がない代物はけっこう多いそうです。

個人で見分けるのは不可能なことなので
本物の薬を処方してくれる可能性が高い
医療機関の信頼度は必然的に高くなります。

可能性が高いと表現しているのは、
すべての病院(クリニック)がそうであると
断言することはできないからです。

中にはよからぬウワサが流れている所もあるので
有名だから良いわけではないようです。

その他にも直接的に専門医に診断してもらえること、
検査を元に対策できること、個々のクリニックの
オリジナル育毛グッズを使用できること、

必要ならば特殊な施術も受けられることなど
メリットはいろいろあります。

特に大きなメリットは検査だと思います。

それにより客観的な診断が可能なので
これ以上ない根拠となりますよね。

ネットオンリーの対策やサロンではできないことです。

そして欠点や注意点についてです。

基本的なデメリットは費用面と手間です。

毎月薬代がかかる上に通う手間が発生するので、
お金があってもめんどくさがりだったら
ちょっときついところがあるかもしれません。

費用は自由診療なので
クリニックによってばらつきがあります。

毎月数千円レベルで済むところもあれば、
必ず万単位になるところもあります。

が、プランは自分で選べる場合が多いので
今の状況に合わせて適宜対応することは可能です。

で、先程も少し触れましたが、
ある意味一番重要なのは病院選びです。

中には一部の大手サロンと同じように
高額な治療費を請求してきたり
半強制的に医療ローンを組ませようとする
悪質なところもあるようです。

そんなところで治療を続けても
あなたのためにならない可能性大なので
気をつける必要があります。

良い病院なら医療ローンを無理やり
組ませるようなことは絶対無いですし
治療方針などを丁寧に説明してくれるはずです。

セオリーとしては無料カウンセリングを受けて
いろいろ納得した上で治療を開始するものなので
まずはそこで見極めるのが重要です。

あと一般的な皮膚科でも
プロペシアを処方してくれはしますが、
できることはほとんどそれしかないので
いくメリットはあまりありません。

そもそも皮膚科医自体が薄毛に関しての
知識が乏しい場合が多いのが現状なので
的確なアドバイスも期待はできません。

・専門病での薄毛治療のメリットとデメリットのまとめ

まずはメリットをざっと上げると、

・専門医による直接的なアドバイスや治療を受けられる

・遺伝子検査や血液検査をもとに
客観的に治療を進めることができる

・個人輸入と違って医薬品の信頼度が高い

デメリットは、

・ネットでの対策と比べて費用がかかる

・通院する手間がかかる

・対面が苦手だと利用しづらい

これらを踏まえて病院にしてみるか、
ネットで展開する専門家に相談してみるかを
考えてもらいたいと思います。

例えば、ネットの情報が全く信用出来ないのなら
専門医に直接指導してもらうのがいいと思いますし、

お金や時間的余裕があまりないのであれば
ネット上の専門家のマニュアルを参考にする、

といった感じですね。

⇒ネット上の専門家について(前の記事の復習)

⇒次からは具体的にクリニックを紹介します